男女

水素水は酸化を徹底的に防ぎます|錆びない肉体

豊富な栄養素で病気を予防

女性

市場規模がますます拡大

青汁の主要購買層は50歳代から60歳代の中高年齢層が中心でした。しかし、ここ数年20歳代から40歳代の人たちもグリーンスムージーのように生の野菜を積極的に摂るようになってきました。グリーンスムージーは準備や後片付けに手間がかかることもあり、もっと手軽に野菜の栄養分を摂取できる青汁が注目されるようになり、年々販売額が増加していて、今後も増加が予想されています。青汁は原材料や栄養分に拘った通信販売やドラッグストアや薬局で売られているものから、価格が手ごろなホームセンター等でも購入できるものに大きく分かれますが、近年好調なのは原材料に拘りをもった本格的な青汁です。安全性が高く、成分が凝縮されているため少量でもたっぷりの栄養分が取れると人気になっています。

飲む上での注意点

青汁は、薬品ではないため飲んだらすぐに症状がよくなるわけではありません。特に既に高血圧や高脂血症といった病気になっている場合は青汁を飲んだからといって病気が治る訳ではありません。逆にいうと、青汁は薬品ではないので、決まった時間に決まった量を飲まなければいけない訳ではありません。しかしできれば、健康や病気を予防するためにも毎日決まった時間に飲み続けることをお勧めします。青汁はビタミンやミネラルが非常に豊富ですが、ビタミンKは血液が固まりやすくする性質があります。ワーファリンのように血液の凝固を防ぐ薬を飲んでいる場合には注意して下さい。また、カリウムが豊富なので、カリウムの制限を医師から指示されている人も注意するようにしてください。